管理会計とKPIによる利益改善

利益改善ソリューション

1. KPI(key performance indicator:重要業績指標)を前提とした事業計画(月別損益計画)の構築


例:住宅や自動車といった大型商品販売業の主要KPI
来店者数、新規顧客数、新規顧客へのコンバージョンレート、販売単価、店舗粗利、店舗営業利益

経営の要となるKPIを整理し、これに基づき部門別(店舗別)の月次損益計画を構築します。

2. KPI管理を実践

・主要なKPIとその状況を日次で把握し、結果を必要な関係者(部門長、店長、営業担当の方等)にメールでお送りします。

・達成状況が計画値を下まわる部門、店舗、担当者の方には、何が原因かを整理し、改善案をメールでお送りします。

・改善案についての対応、その結果を週次ミーティングで共有します。このサイクルを確実に迅速に実施することにより、利益が改善する仕組みを構築できます。

3. ビジネスインテリジェンスソフト導入

必要な場合は、KPI管理を迅速に確実に実施するシステムとして、ビジネスインテリジェンスソフトの導入を行います。 当社ではこの3つを成功させるテンプレートモデルを持っており、お客様にヒヤリングして最適な手法にカスタマイズする方法を採ります。ゼロから構築するよりも迅速かつ安価に効果を出すことができます。